warning
Your browser is out of date!

This website uses the latest web technologies so it requires an up-to-date, fast browser!
Try Firefox or Chrome!

素晴らしいステンドグラスに出会える街、メス。 No.1

メスという街は、パリから320km、
ドイツとルクセンブルグの国境に近いフランスの東部にあります。
Metzと書いて、「メス」もしくは「メッス」と読みます。
この街は、かつてドイツ領だったこともあって、ドイツの文化が垣間見られる歴史的建造物が多く残されています。

この街の一番の見所は、
街のシンボルでもある「Cathedrale Saint-Etienne サン・テティエンヌ大聖堂」。
身廊の高さが41.7m、世界で最も高い中世建築のひとつに数えられている大聖堂です。

metz1

この圧倒的な建物の高さもすごいのですが、
この大聖堂の見所は何と言ってもステンドグラス。

壁の面積よりもステンドグラス・窓の面積の方が広いという
とても珍しく美しい内部で、
ステンドグラスの総面積は6500㎡!
ゴシック式大聖堂の中で、ここのステンドグラスは世界最大の総面積です。

metz3

metz4

しかもここには、
シャガールのステンドグラスが3枚嵌め込まれています。
シャガールのステンドグラスといえば、ランスの大聖堂が有名ですが
ここメスのサン・テティエンヌ大聖堂の仕上がりも素晴らしく、
シャガール独特の鮮やかな色彩に目を奪われます。

metz8

metz6

metz5

次回のブログでは、このメスの街で見られる
素晴らしいステンドグラスのあるもうひとつの教会のことやその他の街の名所をご紹介します。

metz2

パリナビは、
ご旅行の足として、お客様のご要望の場所を巡る半日や1日のチャーターも承っております。
お問い合わせやお見積は、お気軽に当サイトの当サイトのお問い合わせ フォームよりどうぞ。